BECC JAPAN 2021 における新型コロナウイルス感染予防および拡散防止対策について

2021.04.22

当会議では、開催会場である早稲田大学のガイドラインをはじめ、政府、東京都等のガイドラインに基づき、感染拡大の防止に細心の注意を払い、皆様に安心してご参加いただけるよう開催準備を進めて参ります。

以下、早稲田大学の「2021年4月19日以降の本学におけるイベントの制限について」(2021.4.21)より「イベント開催にあたっての条件・留意点」(抜粋)
(掲載元:https://www.waseda.jp/top/news/72734

・原則、オンライン形式での実施を強く推奨する。
・オンライン形式での開催が適当でない場合には、下記のいずれかの場合のみ、開催を認める。
①本学の箇所または本学教職員が主催する学内向けのイベントで、屋内で実施する場合、実施会場の収容定員に対し4分の1以下とし、かつ食事を伴わないこと。
  ※学外の参加者がいる場合には、学外者にはオンラインでの参加を強く推奨。
  ※新型コロナウイルス対策本部会議にて個別に認められたイベントについては収容定員の2分の1以下でも開催可。
②本学を会場とする本学以外の団体等が主催するイベントで、屋内で実施する場合、実施会場の収容定員に対し2分の1以下とし、かつ食事を伴わないこと。
・上記制限は、本学の授業や研究活動の継続を最優先に考え、当面の間の適用とするが、感染状況が顕著に改善された場合は適宜制限を緩和する。

なお、会場参加受付の人数設定については、上記、会場となる早稲田大学の利用ガイドラインを参考に、規定よりさらに余裕をもった人数設定としています。

また、会場参加にてご来場される皆様におかれましても、感染拡大予防の趣旨をご理解いただき、以下の通りご協力をお願い致します。

【健康状態チェックのお願い】

発熱、咳、くしゃみ、全身痛、下痢などの症状がある場合は、必ずご来場の前に医療機関にご相談いただき、指示に従って指定の医療機関にて受診してください。

【会場における感染対策】

〈体温測定の実施〉

会場入り口での検温実施にご協力をお願いいたします。(37.5℃以上が検知された場合、入場をご遠慮いただく場合がございます。)

〈マスク着用のお願い〉

感染防止の為、マスクのご着用をお願いいたします。(着用いただけない場合、入場をご遠慮いただく場合がございます。)

〈手洗い・うがいの励行〉

手洗い、うがいの励行をお願いいたします。

〈手指消毒の徹底〉

入場口に消毒用アルコールの設置をいたします。十分な感染対策にご協力ください。

〈ソーシャルディスタンスの徹底〉

下記の通り、受付、会場内などソーシャルディスタンスの確保にご協力ください。
密接防止:演壇や受付などには飛沫防止アクリル板やビニルシートを設置いたします。
密集防止:会場内の席数については左右1席ずつ空け、セッション会場入場の制限を行います。
ポスター発表:演者の前に飛沫防止アクリル板やビニルシートを設置いたします。
展示ブース: 出展企業においては、スタッフ同様にマスクの着用必須といたします。

〈密閉・密の回避〉

扉の開放や空調機器等による常時換気など、室内の換気を実施いたします。

〈飲食の制限〉

飲食用に感染防止対策を行ったエリア以外での食事等は禁止となります。(講演会場、控え室での食事はできません。)お昼休憩時は、カフェテリアをご利用いただけるか検討中です。
なお、ゴミは必ず所定の場所に捨てていただくか、お持ち帰りをお願いいたします。

【開催後】

会場を出た後で不調を感じられた方は、事務局までご連絡をお願いいたします。

なお、上記の内容は今後の早稲田大学、政府・自治体などの方針に則り、必要に応じて変更となる場合がございます。ご来場の前に再度ご確認くださいますようお願いいたします。

気候変動・省エネルギー行動会議(BECC JAPAN)事務局

 PDFファイル

←トップページへ戻る