気候変動・省エネルギー行動会議は、省エネルギー行動を主題としたコンファレンスである「BECC JAPAN 2017」を、平成29年9月5日(火)にJA共済ビル カンファレンスホール(東京都千代田区平河町)にて開催しました。
 本コンファレンスでは、ローレンス・バークレー国立研究所(米国)シニアサイエンティスト Alan Meier(アラン・マイヤー)氏による基調講演に加え、各分野の専門家から最新知見に関する14件の口頭発表、11件のライトニング(短時間口頭)発表及び13件のポスター発表を行っていただき、企業や官公庁・自治体、大学・研究機関など幅広い分野から合計218名にご参加いただきました。
 また翌6日(水)には、Fujisawa サスティナブル・スマートタウン(神奈川県藤沢市)の施設見学会を開催し、午前・午後の部合計38名にご参加いただきました。

KeyNote presentation poster
tour tour tour


当日配布資料(パンフレット) icon(6,380KB)
 ※本資料の無断複写は、著作権法での例外を除き、禁じられています。


【参加者限定】発表資料はこちらをご覧ください
 ※ メールでご連絡しましたパスワードでログインしてください
 ※ 発表資料の提供は、2018年2月上旬までは参加者限定、以降は一般公開とさせていただきます。