第6回
BECC JAPAN 2019

気候変動・省エネルギー行動会議

開催概要

名称 BECC JAPAN 2019
(気候変動・省エネルギー行動会議 呼称:ベックジャパン2019)
主催 気候変動・省エネルギー行動会議
後援 環境省
日本エネルギー学会、エネルギー・資源学会、⽇本家政学会、
省エネルギーセンター (4月25日現在)
期間
2019年8月22日(木)
施設見学会
2019年8月23日(金)
本会議・交流会
会場
22日 施設見学会
「有明の丘基幹的広域防災拠点施設」及び
「そなエリア東京」(東京都江東区有明)
23日 本会議・交流会
東京大学生産技術研究所 An棟
(東京都目黒区駒場)

各会場へのアクセス案内はこちら

定員
22日 施設見学会
40名
23日 本会議・交流会
250 名程度(予定)
発表募集 2019年2月4日(月)~4月15日(月)17:00 4月22日(月)17:00
発表募集詳細案内

発表募集を締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

参加申込 (発表希望の方)2019年2月4日(月)~
(一般参加の方)2019年4月15日(月)~
一般参加申込詳細案内

参加費

本会議
参加種別 早期割引価格
(参加申込期間 7/12(金)まで)
通常価格
(参加申込期間 7/13(土)以降)
一般 18,000円 20,000円
教育・研究機関 13,000円 15,000円
自治体職員 / 学生 5,000円 7,000円
交流会
5,000円
施設見学会
無料

プログラム(予定)

8月23日(金)本会議
時間 アジェンダ プログラム(予定)
受付
午前 基調講演
武山 政直 氏

慶應義塾大学経済学部教授

「行動変容のためのサービスデザイン(仮)」

サービスデザインとは、ビジネスや社会の課題に対して、「共創」という観点から様々な人々を巻き込み、その能力を引き出しながら、これまでにないサービスを創出する方法で、欧米を中心にビジネスや公共政策分野で注目されています。BECCの議論を含む行動変容を促す手法は、このサービスデザインの方法論と組み合わされることで、その応用範囲を広げられる可能性もあり、この度、日本におけるサービスデザイン研究の第一人者である武山教授をお迎えし、サービスデザインの観点から行動変容デザインの実例や考え方についてご講演いただきます。

午後 ※決定次第、随時更新いたします。

リーフレット