第8回 気候変動・省エネルギー行動会議
BECC JAPAN 2021

開催概要

名称 BECC JAPAN 2021
(気候変動・省エネルギー行動会議 呼称:ベックジャパン2021)
主催 気候変動・省エネルギー行動会議
後援 環境省、日本エネルギー学会、エネルギー・資源学会、日本家政学会、早稲田大学建築学研究所
(4月22日現在)
特別協力 Venture Café Tokyo (website)
期間
2021年8月31日(火)
本会議・交流会
会場 早稲田大学 西早稲田キャンパス(東京都新宿区大久保)
開催形態 ハイブリッド開催(会場参加+オンライン参加)
会場定員 200 名程度(オンライン参加受付は別途となります)
発表募集 2021年3月1日(月)~4月12日(月) 4月19日(月)
参加申込 2021年4月12日(月)~8月26日(木)

※本年は施設見学会は実施いたしません。

参加費

本会議参加費
基調講演 無料
一般講演 一般 自治体職員 学生
早期割引価格
(参加申込期間
7/16(金)まで)
15,000円 5,000円 3,000円
通常価格
参加申込期間
7/17(土)以降)
18,000円 5,000円 3,000円
その他オプション費用

※会場参加希望者のみお申込みいただけます。
※当日現金払いのみとなります。

項目 価格(税込)
交流会 5,000円(予定)
本会議昼食 (お弁当(お茶付き))
(申込期間 8/13(金)まで)
1,500円

基調講演者

太刀川英輔 氏

NOSIGNER代表 / 進化思考家 / デザインストラテジスト / 慶應義塾大学特別招聘准教授

オフィシャルサイト

太刀川英輔氏 近影

創造性の仕組みを生物の進化から学ぶ「進化思考」を提唱し、様々なセクターの中に美しい未来をつくる変革者を育てることで、創造性教育の更新を目指すデザイナー。
デザインで美しい未来をつくること(実践:社会設計)、自然から学ぶ創造性教育で変革者を育てること(理念:進化思考)を軸に活動を続ける。プロダクト、グラフィック、建築などの領域を越え、次世代エネルギー、地域活性、SDGsなどを扱う数々のプロジェクトで総合的な戦略を描き、成功に導く。グッドデザイン賞金賞、アジアデザイン賞大賞他、100以上の国際賞を受賞。DFAA(Design for Asia Awards)、WAF(World Architecture Festival)等の審査委員を歴任。
主なプロジェクトに、OLIVE、東京防災、PANDAID、山本山、横浜DeNAベイスターズ、YOXO、2025大阪・関西万博日本館基本構想など。
著書に『進化思考』(海士の風、2021年)、『デザインと革新』(パイ インターナショナル、2016年)がある。

プログラム

8月31日(火)本会議

※タイムスケジュールは今後変更になる場合があります。
※各セッションタイトル等の詳細は、随時更新してまいります。

時間 プログラム
9:00~
9:30
受付
9:30~10:00 開会挨拶・来賓挨拶
10:00~11:00 基調講演

太刀川 英輔 氏 (NOSIGNER代表)

「進化思考:変異と適応によって高める共生的な創造性」

11:00~11:10 休憩
11:10~12:10 ポスターセッション/スポンサーセッション(同時開催)
※オンライン参加の場合はスポンサーセッションのみとなります
12:10~13:20 ランチ休憩
時間 プログラム
  A会場 B会場
13:20~14:35 口頭発表セッション① 口頭発表セッション②
14:35~14:45 休憩
14:45~16:00 口頭発表セッション③ 口頭発表セッション④
16:00~16:20 休憩+レイアウト変更
16:20~17:20

パネルディスカッション①

【スタートアップ×環境・エネルギー】

登壇者

  • 山口 浩一 氏 (環境エネルギー投資 マネージング・ディレクター)
  • 出馬 弘昭 氏 (東北電力 Business Development Advisor)
  • 井口 和宏 氏 (シェアリングエネルギー 事業開発室長)
  • 高口 洋人 氏 (早稲田大学理工学術院 建築学科・建築学専攻 教授)
17:20~17:30 休憩
17:30~18:30

パネルディスカッション②

【世界のナッジユニット】

18:30~18:45 移動
18:45~19:45 交流会

※タイムスケジュールは今後変更になる場合があります。
※各セッションタイトル等の詳細は、随時更新してまいります。

リーフレット

新型コロナウイルス感染予防および拡散防止対策について

当会議では、開催会場である早稲田大学のガイドラインをはじめ、政府、東京都等のガイドラインに基づき、感染拡大の防止に細心の注意を払い、皆様に安心してご参加いただけるよう開催準備を進めて参ります。
詳しくは下記のページをご覧ください。